バイクとバイクツーリングの世界に惹かれた、リターンライダーです。 DUCATI Multistrada 1200

早朝にフェリーが到着した。
夏とはいえ北国の朝はひんやりとしている。
まだ人気のない市街地へ入る。
寂しい交差点の信号機待ちを何回かこなし、次第に建物の乱立した風景から遠ざかっていく。

港のある町をあとにして、左手に海を見ながら東へと進む。

都会へ通じる道とは少し外れた経路を選択する。

この付近にはこれでもかと思うほど狭い海水浴場があるらしい。
うわさでは、砂浜の巾が数メートルとか・・・。ながさは知る由もない。

それでも地元の人たちは、この土地としては短い夏の季節を味わおうとして競って海へむかうと聞く。

5号線から337号線、231号線へと連絡し、目に入ってくる景色が次第に郊外のものへと変化していく。
それにしても広い道路だ。

歌の歌詞や鍋の名前にもなっている市を通過する。
漁師の町というイメージがあったが、結構な街である。
大きな川もシンボルなのだろう。

231号線を北上する。
厚田村のへんからは、だんだんと小説にある雰囲気がかもし出されてくる。
海と、アスファルト以外は伝えるものが何もない場所。

本を読むのは嫌いではないが、すぐに眠くなる。
なので、面白い本がよい。
ということは、小説となる。

読むのは速いほうではないので、限られた時間の中でたくさんの本は読めない。

だから、厳選したものを手にしたい。

直木賞受賞作なら、はずれは少ないだろう。という安易な理由から、
受賞作のミステリー小説がほとんどになる。

1999年の作品 桐野夏生の『柔らかな頬』である。
読み出したら止まらない。こんなに次のページが待ち遠しい作品はそう多くはない。

主人公の女性であるカスミの生まれ故郷が、北海道の留萌市と羽幌町の間にある”喜来村”という寂しい村の設定である。

”喜来村”は地図をみる限りでは目につかない。架空の村だと思われる。
位置的には小平(おびら)町か、苫前(とままえ)町のへんになる。
ストーリーの中に”・・・学校の屋上にあるペット霊園・・・”のくだりがある。
学校があるとなると、小平町のほうが近いかなと想像するのが精一杯である。

「これから冬に向かう海は荒れている。左側に雄冬岬。右は稚内まで続くまっすぐな海岸線。
・・・・中略・・・・ この海を見て一生を終えるのなら、死んだほうがましだと子供心にも思った。・・・」

主人公のカスミが故郷を思い、語る一説の引用である。

地元の人がみると決してよい気分にはならない表現であろう。
はたまた、そのとおりだと共感して物語を裏づけてしまうのだろうか。

夏の季節にツーリングを楽しんでいるわたしには”これほど”までには感じなかったが、
確かに寂しい光景ではある。

海岸線沿いを南北に走る232号線は、”天売国道”や”オロロンライン”と呼ばれ、サロベツ原野を経由して、
稚内に通じる主要道路である。
夏は海水浴客で道路は混雑するらしい。

主人公をつくりあげた”村”をこの地に見たので、桐野夏生はここを選んだのだろう。
でも、もともとどういう機会があって、桐野夏生はここに来たのだろうかと考えてしまう。
それほど特筆のない町である。

活字は自分の想像の範囲で場面々が浮かぶ。
テレビや映画のように”映像”があるとイメージが固定されてしまう。

文章、行間を含めて”脳裏の映像”を抱きながら、映像にも勝る”現場”をみる。
そして、そのふたつを融合させてそのとき、その場だけの”場面”ができる。

ツーリング途中の、ちょっとしたお遊びというところでしょうか。
北海道に行く際の、ささやかな楽しみのうちに入れていました。

テレビや映画もよし、本もよし。
数々のフィクション、ノンフィクションがあふれる昨今。

バイクで自宅を出発し、数日後には無事帰宅する。
ここにもまた、自分だけの短いドラマが存在する。

原作、脚本、撮影、監督、観客、全てが本人ひとりである。
味わったのは鮮明な現実なのに、記録は輪郭がうつろな記憶にすぎない。

そんなうつろなドラマをみたいために、
また、地図をひろげる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nuym.blog95.fc2.com/tb.php/26-e516a2b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック